こめ

単独ライブに行きました。

 

芸人の単独ライブに行くのって初めてで、しかも二回とも間近で見れたので、ネタのクオリティとかよりもまず視覚からの情報に対しての印象が強かった気がします。あと生でしか体感できない、芸人としての頭の使い方とか視線、間の取り方、空気感、そういうところからハッとさせられる部分が多くて、社会人になったこのタイミングでみれてよかったなぁと思います。

最近はこっちに来てちょいちょい代々木には遊びに行ったりしてるから、もう「ホンモノだぁぁぁ!!!」感は無くなったけど、こんなに真剣に仕事してる2人を、しかも2公演とも、ずっと見ていられるという状況の情報量が多すぎてちょっと途中から頭がおかしくなりそうでした。幸せ空間。

以下メモです。 

 

◆ネタ面(DVD買う人ネタバレ注意!)

オープニングが打首獄門同好会でめっちゃびっくりした。でも言われてみれば米のやつは今回のオープニングにぴったりよな。

山本さんの衣装、最近定番の蝶ネクタイではなくなんと黒スーツに赤ネクタイ。私が一目惚れした要因。あまりにもカッコ良すぎて2公演とも7割くらいしかネタ入ってこなかった…。コントのブレザーもダサパーカーも最高すぎてそれもネタちょっと入ってこなかったりしました。やっぱやまもとさん最高にスーツが似合うよ…。ただ夜の部が近すぎて、ズボンの裾の左だけ外側に裾上げされてるのが気になりすぎて、丈も合ってないし、終わった後の出待ちでずっと「ズボン!!!ズボン!!!」って言ってた。すみません。

個人的ベストは進研ゼミのやつとオーダーザライスのネタ。進研ゼミは特に昼の部の完成度が高くて、前半はツッコミなしで後半に行くにつれ山本さんのツッコミが入るって設定が見てて飽きなかった。精査すればKOCでも通じるのでは…?とか素人ながらに思ったり。

オーダーザライスは米っていうタイトル通りこのライブのメインディッシュのような感じがした(米だけに)(ごめんなさい)。アルバムでいうタイトル曲みたいな。関さんのキレのある動きや表現力、山本さんのツッコミの語彙力、「オーダーザライス」っていうオリジナリティ、これぞって感じがした、あーもう一回見たい…!

ブリッジの映像は、関さんの衣装を買いに行くってやつ、メトロ鉄道のときの細山くん思い出した!でも今回は素で買いに行ってたし今の2人の雰囲気が滲み出ててほっこりした( ˘ω˘ )

あと昔のネタ帳を引っ張り出してくるやつ。超個人的に、「35前後のある程度キャリア積んできたグループがみんなで懐かしい話をして盛り上がる瞬間」みたいなのが大好きで(主にバンドだけど)、今回もそんな感じで2人の仲の良さが伝わってきてちょっともう泣きそうになったよね…。まじ供給をありがとう…。

 

◆個人的な感想

例えば演劇は、脚本家の意図に沿って作品の魅力を最大限に引き出すのが役者の目標だとしたら、漫才やコントは自分でまず内容を決めて、ある程度の台本や流れは作っても、伝えたい内容やターニングポイントを軸にその場その時に応じたボケやツッコミを考えて、最終的には笑ってもらうことが目標だから、そこが大きく違う。

もちろん漫才やコントだって、喜劇みたいに毎回決まったセリフを言ってもお客さんは笑ってくれるんだし、究極を言えば元をしっかり作り込んでいれば台本を丸覚えして披露したって構わないわけで、それでも毎回「その時面白いと思うもの」を考えて話すという行為は本当に尊敬する。

というのも、営業職に就くことになって、ここ2ヶ月ほど人との接し方とか話術みたいなものと向き合う機会が増えて、より一層そういう所を意識するようになったからで。

特にこのライブの3日ほど前から「自分でシチュエーションや提案書を作った上で自社商品の営業をする」というロープレを何度もやってて、例えば相手の反応を見て次どういう切り返しをするか、どんなことを言ったら相手が興味を持ってくれるか、言わないといけない内容とか話の流れは作ってても相手に合わせて毎回伝え方や展開を考えないといけない、それって芸人の仕事と似てるのでは?と思うことがあった。もちろん漫才以外のバラエティのお仕事でも同じ。

しかもこの作業、たった20分の商談でも相当に疲れる。目の前に提案書っていう台本があるのに、今の私だと1日2回が精一杯。それだけ労力のかかることを一日中やって毎日ご飯食べてるんだからやっぱり芸人ってすごい。

今回は昼の部でネタを把握した上で、夜の部で昼との違いを見れて、その凄さをより具体的に実感できた。運が良くて夜の部は最前列だったから、そのときの細かい表情や動き、目線まで見れて、本当に勉強になった(大真面目)。

やっぱりその意味でタイムのお二人は本当に尊敬する。私は芸人になるわけではないけれど、この発見を仕事に活かせたらいいなー。おしまい。

今日はなんの日

この一年に起きた出来事を、覚えてるうちに覚えてるだけ、だらだら回想しようとおもいます。本当に思い出しメモなので特にこれといって言いたいこととかは無いです。

「1月14日」、今日は何の日でしょうか。そう、卒論の発表と口頭試問の4日前です。なのでこれは書き溜めです。

じゃなくて、ちょうど1年前に初めてタイムマシーン3号を知った日なんです。日付覚えてるのだいぶ気持ち悪いですよね。ただ友達に初めて教えてもらったのがLINEだから、日付から会話の内容までしっかり記録が残ってるんですよ。許してください。

中学の時から仲が良い友達のNちゃんと、最近流行ってるアレが面白いだとかどうのこうのという話をしている時にふとNちゃんが送ってきたこれ
f:id:ningen_kyousei:20170107023345j:image
○○2号っていうのは私とNちゃん共通の友人がアカペラサークルで組んでるユニットの名前でこれは完全にバカにしています
太らせるネタの動画を一緒に送ってくれました

f:id:ningen_kyousei:20170107023750j:image
別アカウントなんですが情緒不安定だったので笑いながら泣いてます

そしてこちら
f:id:ningen_kyousei:20170107023647j:image
悪い予感がしますね

ちょうどこれが大学3年の後期の期末だったのですが、お笑いについての講義を取ってて、そのレポートの提出が迫ってたところで。レポートのテーマは「好きな芸人について自由に論じなさい」というかなりざっくりした内容。でもこれまでの人生で芸人というものをまるで知らなくて、好きな芸人は?って聞かれた、「ジョイマン…」としか答えれないほどの無知ぶりだったんです。(ジョイマンは本当にネタが好きだった(笑))せっかくなのでここはタイムさんについて書こうと発起して、プロフィールや芸風についてたくさん調べたんですが、書き終わった頃にはもうすっかりハマってました。これまでバンド、アニメ、声優、ゲーム実況などあらゆるジャンルにハマってきて(恥ずかしい)、「あとお笑いとジャニーズだけは絶対やばい」と周りに言ってたんですがまんまとハマりました。ジャニーズはまだだけど。ちなみに単独のチケットは知った時には既に売り切れてました。

余談?ですが芸術系の大学に在学してまして、いろんなパフォーマンスについて考えるようになってから、「話術」とか「プレゼン力」に興味を持つようになり、「話の上手な人になりたいな」と思うようになったのがきっかけで、ちょうどこの頃に塾講師のバイトを始めました。その直後にお笑いにハマったというのもあって、芸人さんの司会進行の仕方とか喋り方は今でもすごく参考にしています。特にやっぱり山本さんの話し方や回し方、好きとかそういうの置いといて本当に尊敬します。あんな喋り方、仕切り方ができるようになりたい。

2月、今でも忘れられないんですが、あまりにも好きすぎてまだ深夜帯だった俺穴にメール送ったら普通に読んでくれてビビりました。もともと人気のあるバンドが好きなので、ラジオでメール読まれるなんて宝くじ当たるのと同レベルだと思ってました。そしてあまりにも恥ずかしかったので読まれた回だけあれ以来聴き直せなかったんですが、今久しぶりに聞きました。やっぱり恥ずかしいです。本当に恥ずかしいけど感慨深い…
気になる人は自分で探してください。

4月に入って本格的に就活が始まります。東京に就職するって夢があったので意地でも東京の会社にエントリーして、説明会の日程をうまいこと調整した結果、俺穴初回放送を見に行けることに。
初めて生で見るタイムさんが楽しみすぎて、口から内臓出そうなくらい緊張しながら9時ぴったりにSTUDIO VIVIDに着いたんですが、スタジオの外は音聞こえないの知らなくて、当然ラジオなんて持ってないのでしばらく後ろに突っ立ってました。目の前で2人が喋ってるのに聞こえないし、昔からのファンと思わしき方々が数人イヤホンしながら笑ってるし、急いでツイキャス開いて聞いてみるもののタイムラグがあるから全く話がわからない、のに前の人たち笑ってるもうやだ帰りたい…と思って30分くらいで一回逃げました。しばらく考えた後、駄目元で新宿のヨドバシに安物のラジオを買いに行きました。急いで電車乗って慣れない新宿走ってヨドバシでラジオ買って、試しに周波数合わせてみたけど、FM FUJIは聞こえず。もうこれは絶対無理だ諦めて帰ろうと思って(実際には場所の影響で電波の入りが悪かっただけ)、その一部始終をNちゃんに伝えたら、たった一言だけ「逃げんなよ」という謎の厳しい助言が返ってきました。なのでとりあえずもう一度お姿だけでも拝んで帰ろうと思いタクシーで再び代々木に。着いてラジオの周波数を合わせてみたら聞こえるではありませんか。急いでVIVIDに行くと、ゲストさんのファンも増えててより一層強くなった身内感に怯んだけどラジオ聴けるしいいかと思って後ろでこっそり見てたら、リスナーのお一人から「前で見ていいですよ」と声をかけて頂いてめちゃくちゃ嬉しかったのを覚えてます。(確かさくりんさんだったかな?)
ラジオ終わってから「あの、わたし山本さんが大好きで大阪から来たんです」って言ったらまずみんな引いてたんですが、特にぷあるさんが「え……?ほんとに…?ロンハー見ました????それでもですか????」って本気で引いてたのが面白くて、、(笑)あとテンション上がったカゲさんが「山本さん!!山本さん大好きな子が来てます!!」ってスタジオの出口まで伝えに行くと、それ聞いた山本さんが「ちょっと俺シーツ洗ってくる!!」って言いながら出てきたのが一番笑いました。本当によく覚えてます。
初めてお会いしたお二人はメディアのイメージのまま飛び出してきたみたいで、優しくて面白くてあったかくてちかくて、初めての体験でした。そして、サインをいただく時に
私「前の俺穴の時に○○って名前で一回お便り送ったんですけど…」
山本さん「え?何ちゃん?パンストビリビリちゃん?」
私「もうそれでいいです…」
というやりとりを経て、めでたく私のぱんすとびりびりちゃんという名前をいただいたわけです。
皆さんとお別れしたあと、あのあったかい空気が忘れられなくて、もっと近くに居たくて、どうしたらいいか考えた結果ツイッターのアカウントを作ることにしました。今まで何回か音楽用のアカウント作って些細ないざこざでやめちゃったりとかしたことがあったので、お笑いに関してはもうツイッター作ったりせず1人でこっそり楽しもうと思ってたのに、それくらいあの空間が忘れられなかったんです。皆さんの名前は覚えてたのでめっちゃ探していきなりフォローしに行ったりしてごめんなさい、、

就活が始まってから7月末に内定が決まるまで何度も東京に行くのは大変だったけど、その度に会いに行ったりして楽しかったから全然苦じゃなかったなぁ。選考落ちて辛いときもたくさん笑って支えられました。6月の初め、2回目に代々木に行った次の日に第一希望だった会社の説明会に行ったのですが、結果的にそこで内定を頂けたので無駄じゃなかったのかなぁって思います。

7月には営業で尼崎まで来てくれて、初めて生でネタを見れたし、今まで東京に行かないと会えなかった人達に家から1時間ちょいの場所で会えたっていうのにすごく感動した。

8月、全てのきっかけをくれた友達Nちゃんと東京に旅行に行った時、いっしょに代々木にも行きました。台風が近づいててラジオ始まる直前まで結構な暴風雨だったので諦めようかと思ったのですが、せっかくだし少しだけでもと思ってVIVIDで待機してたら雨風もマシになって結局最後まで見てました。途中Nちゃんに申し訳なくなって「寒いし雨すごいし帰る?大丈夫?」って聞いたら「ラジオが面白いからもっと聞いてたい」って言ってくれてそれがすごく嬉しかったです。その日の放送後に山本さんと話した内容はとてもよく覚えてる。ここには書かないし、本人も覚えてないだろうけど。

10月、キングオブコントオンバトM-1もリアルタイムで見てないので、初めて賞レースで緊張しました。迷惑になると思ってずっと遠慮してたんですが、関さんのLINEをついに登録してしまった…。そしてKOCから3週間ほど後、どーもくんの収録で桜井市に来るとのことで、1人で出待ちに行ってきました。すぐに出ないといけなかったらしくてあまり長くお話はできなかったのですが、お二人ともいつもよりなんかイケメンでした。特に、これ思ってるのは私だけじゃないみたいなのですが、KOCやミニマラソンの前後くらいから、なんだか山本さんから今までになく落ち着いたイケメンオーラがする…。8月に会った時よりもすごく紳士的で優しい感じがしました。現場が違うかったからかもしれませんが、最近露出が増えてきてどんどんオーラが磨かれてきてるのかなぁって勝手に思ってます。

最初の方に書いたとおり、私は芸人に全く詳しくありませんでした。というのも、家族がそういったお笑いとかバラエティにあまり興味が無く、特に母がバラエティを嫌うので、家ではだいたいニュースかラジオしか流れてません。基本的に音楽が好きなので不自由ではないのですが、そのせいで昔からテレビの話題に疎くて、少しそれがコンプレックスではありました。
今はまだ実家暮らしで、こんなにお笑いを好きになったことを家族にはそんなに言ってないので、オンエア見るために自室で古いケータイのワンセグ使って見たりするほど。そこまでしてちゃんとテレビを見ようと思うきっかけを与えてくれたタイムさんにはすごく感謝してるし、バラエティの文法とかテレビの常識とか、そういうのも意識的に見るようになって、本当に視野が広がった一年でした。

振り返ると4月、6月、7、8月、10月と、2カ月に1回以上は会える状況が続いてきているので、次は3月に上京するまで、おあずけ期間が長くてずっとウズウズしてます。でも、そのためにまずは絶対卒業しなくちゃだし、バイトも早く辞めて、引越しの準備したり、卒業旅行にも行ったり、3月までにまだまだやることが本当にたくさんあるので、春にとびきりの笑顔で会いに行くため、今のうちに準備をしないといけないんだろうなぁと思ってます。上京したらできるだけたくさんラジオも行きたいし、ライブにも行きたいなぁ。2年目はどうなるでしょうか。本年度も変わらずどうぞよろしく。