眼鏡と恋愛の話

サンリオの話するとか言ったけど嘘、

たまにはブログっぽいことかく

 

 

f:id:ningen_kyousei:20180926002040j:image

眼鏡の話をします

 

上から、

2014年頃〜 Zoff Classic の昔買ったやつ(多分今もうない)

2018年8月〜 OWN DAYS Graph Belle GB2014-D

 

  こないだ実は、友達に誘われて恋活(?)っぽいBBQパーティーに行ってきた(というか友達からはただのバーベキューって聞かされてたからそんなだとは思わなかった)

  まず着いたら女3000円、男5000円と書かれた名簿に名前を書かされ、いかにも陽キャな方々の輪の中で肉を食べてお酒を飲んだ。めちゃくちゃに疲れた。

 

  友達と怯みながら様子を見てたら、あれよあれよといろんな人との交流が始まったんだけど、何人か初対面の人に「なにそれー!眼鏡外した方が絶対いいってー!」と言われ、ちょっと考え込んでしまった、私のこと何にも知らないくせに。

  確かに周りにいる陽キャの皆様はだれも眼鏡なんて掛けてない、みんな清楚に着飾ってオシャレにしてる、目悪い人はちゃんとコンタクトしてる、周りから見れば眼鏡をしてるせいで私は間違って迷い込んだ隠キャだと思われてるんだろうか…

  考えてみれば、みんなが大好きな可愛い芸能人やモデルさん、都会のオシャレな人たちは、眼鏡はオシャレアイテムとして使ってる、ずっと眼鏡掛けてる女性タレントとかもう光浦靖子しか思い浮かばない。意外と本当の眼鏡キャラっていない。

 

 

 

 

  小学校四年生くらいの時からずっと眼鏡をかけてる。

 

  最初のうちは授業の時だけ、とか調節してた気がするんだけど、掛け外しをめんどくさがってるうちに眼鏡がないと生活できないレベルまで視力が悪くなり、それ以来ずっと掛けっぱなしの眼鏡キャラを通している。

  ただ、あんまり覚えてないけど、なんとなく、それまで何の個性も無かった自分に「眼鏡」というキャッチーなアイコンが与えられたことが少し嬉しくてずっと掛けてたようにも思う。

  中学に入ってからも自分にとって眼鏡は個性の一部と思ってたし、高校に入ってサブカル気取り出すとアラレちゃんみたいって言われるのが嬉しかった。

  大学からは眼鏡ばっかかけてられないなぁと思ってコンタクトにした時もあった、でも写真に写る眼鏡かけてない自分が通常の5割り増しでブスに見えるのが辛くて結局眼鏡に戻した。あのネタじゃないけど、私も眼鏡はコンプレックスである顔を隠してくれるツールだと思ってる。

  社会人になると、当時は営業だったからあえて眼鏡は外さなかった、人の印象に残るために。

 

 

  眼鏡は私にとっての個性だし、味方だし、単なる「オシャレアイテム」でもなければ、イメージを決めつける物でもない。

 

  私はあの人たちの価値観で「眼鏡外した方がいいよー」なんて言われたくなかったんだと思う。

そしてそのフワフワした一般的なオシャレの価値観が、”眼鏡を外す”事が、あの人達にとって恋愛の必須要素であるなら、私は多分一生恋愛なんてできない、自分の大事なものを捨ててまで、恋愛とかしたくない。だから私はこれからもずっと、眼鏡のまま可愛く生きるよ。たまにコンタクトにするかもしれないけど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(余談ですが、眼鏡キャラの女性タレントについて、アイドルが何人かいます、BiSHのハシヤスメちゃん、ギャンパレのドクソンさん、ブクガの和田輪ちゃん、など。調べたらこんな可愛い子達も眼鏡キャラなんだと思ってちょっとホッとした。)